2016年1月13日水曜日

大原綜合病院 新年会

1月8日 18時30分より、サンパレス福島にて盛大に新年会が開催されました。連携医の先生方にも多数ご参加いただきました。ありがとうございました。
個人的には今年、還暦を迎えますので、恒例の鏡開きの メンバーになりました。
日本人は農耕民族ですので、米からできる日本酒には神聖な意味があります。その樽酒の蓋を鏡と称していたので、鏡開きというようです。
新年の鏡餅の鏡開きと相まって、たいへん縁起の良い響きを持った言葉です。

2016年1月12日火曜日

呼吸器画像診断ガイドライン

今週末の福島県画像技術研究会で特別講演を仰せつかっています。
胸部領域について、情報量・画像精度と臨床利益とを関連付けて話す予定です。タイトルは「胸部画像診断の適応と限界  ガイドラインから推奨条件を考える」。
年末から、各種ガイドラインを抜粋し、また、技術的側面からは昨年、技師さん方がまとめた、GALACTIC 改訂第2版をベースにして内容を整理しました。
自分では専門領域だと思っていた内容でも、最新のガイドラインを一覧すると自分の知識や認識に凸凹があることに気づきます。
知識をリフレッシュする機会を与えていただき、会員の皆さんには感謝感激です。

2016年1月11日月曜日

あけましておめでとうございます


当院への紹介依頼件数は年々増加しており、昨年は月1000件を超えた月が三月ありました。月別での最高件数は10月の1.083件、1日の最高件数では73件です。おかげさまで、地域支援病院のさまざまな数値目標を次々とクリアしております。まことに、ありがとうございます。

しかし、その一方で依頼が集中する時間帯の地域連携相談室はどうしてもバタバタとした対応になっています。なかなかスマートにはできませんが、「face to face」をモットーに、今年も愚直に頑張ります。ぜひ、地域連携相談室を「もっともっと」ご活用ください。

現在、地域における病院機能の明確化と役割分担が課題となっています。地域連携相談室では大原綜合病院の機能と医師・メディカルスタッフの得意分野を継続して発信し、連携医の先生方や地域住民へと情報を繋いでいきたいと思います。仲よく交流させていただくことが血のかよった地域医療連携の土台になるものと信じ、引き続き顔の見える情報発信に努めますので、ご指導・ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

                                 地域連携相談室長 森谷浩史

2015年12月27日日曜日

真似のできない仕事術

雑誌BRUTUSの特集では、著名人の情報収集の仕方や作品を練り上げていく過程のノウハウなどをビジュアル主体で眺めることができて参考になる特集が多かったのですが、今回の(といっても、もう半年ほどたちますが)3作目は、iphoneと日経電子版のコマーシャルが主体でした。
とうぜん情報収集のみが強調されています。道具を共通にしてお披露目していますので、著名人の仕事の道具をのぞき見するようなわくわく感がなかったのが残念です。
雑誌の最後のコラムにやっと「情報をアウトプットすることの魅力」というタイトルを見つけ、ほぼ一冊が情報インプットの本だったのだと納得。
締め切りの迫ったアウトプットへどうやって到達するのかという切迫感の中から、効率的な道具やシステムが生まれてくるのだと思います。インプットツールのコマーシャルだけでは現実感がないはずです。

2015年12月20日日曜日

スターウォーズ フォースの覚醒

楽しんできました。
ディズニーに配給が代わって、ファミリー映画の雰囲気になったなと、安心して磨きがかかったCGと心地よいスピード感にどっぷり浸かっていたら、素晴らしくショッキングな展開でした。
日米同時公開にこだわった理由がわかります。
早く観ないと、この驚きは味わえないでしょうね。

骨密度測定装置勉強会

本院の骨密度測定装置が更新となり、新しく、HOLOGIC社のDiscoveryが設置されました。12月8日に装置の説明会を行いました。 

2015年12月18日金曜日

福島寿光会病院 クリスマスパーティ

毎年恒例の福島寿光会病院 クリスマスパーティに参加させていただきました。
12月10日 木 サンパレス福島。
今年も活気があって、愉しい会でした。