2018年1月20日土曜日

福島市医師会たばこ対策委員会

表記委員会が発足しました。東京オリンピック開催に向けて、さまざまな見地からタバコ対策を検討してまいります。まず、例年行われております「ふくしま市民フォーラム 」にて「タバコと健康」と題して講演会を行うことといたしました。多数、ご参加ください。

平成29年度 第10回ふくしま市民フォーラム企画
開催日時  平成30年3月17日(土)午後1時30分~4時
場  所  福島テルサ FTホール  
対  象  市民、保健医療福祉関係者、他
参加費   無 料
タイトル  「タバコと健康」~これからの禁煙対策を考える~
基調講演60分(13:40~14:40)
演題「“COPD”忍び寄る怖い病気の正体」
     福島医大 呼吸器内科学講座 教授 柴田陽光 先生
シンポジウム65分 (14:50~15:55)
「心筋梗塞とタバコ」     福島医大 循環器内科准教授 中里和彦先生
「加熱式タバコは安全なの?」 福島医大 法医学講座 講師 西形里絵先生
「禁煙対策 福島市の取組み」 福島市健康推進課

2018年1月19日金曜日

旧病院 閉院式

29年12月29日 17時より、旧病院にて閉院式が行われました。
築65年の建物だったそうです。古い割には(古いからこそ?)、柱も太く、天井が低く、それだけ丈夫でした。東日本大震災では、傷つきながらも崩落することなく、患者・職員を守ってくれました。
長い間、ありがとうございました。

2018年1月18日木曜日

Spiral flow tubeは造影効果を向上できるのか?

福島県画像技術研究会 オムニバスセッション  
Spiral flow tubeは造影効果を向上できるのか? 
村松 駿 技師がシンポジストを務めました。
日時 1月 13日 (土), 14:30 ~ 18:00
場所 福島市上町4−25 福島テルサ
大原綜合病院が上町に移転したため、福島テルサはほとんど関連施設のような距離感になりました。研究会・講演会に参加しやすくなりましたので、ぜひ、情報発信と情報収集を増やしましょう。



2018年1月17日水曜日

12月15日 大原医療センター外来忘年会

12月15日 医療センターの外来看護師さんたちの忘年会に参加しました。今年は忘年会兼分散会ということでした。
画像診断センターとして、外来のスタッフの皆さんの長年のご協力に感謝いたします。

2018年1月15日月曜日

福島県医師会肺がん部会

1月12日 15時より、県医師会館で開催されました。各地域の肺がん検診の実績と県医師会が行っている禁煙活動について報告されました。

2018年1月14日日曜日

JRS2018 アクセプト抄録

Whole-lung dynamic respiratory CT: Novel respiratory function examination by dynamic wide volume scanning using 320-row ADCT
[Objective] Respiratory dynamic CT is used in cases of lung cancer, COPD and other respiratory diseases. However, the scan range of 16 cm is too narrow. Thus, we devised a procedure to extend the scan range.
[Methods] 1. Constant respiration cycle by sound guidance. 2. Two or more volumes of respiratory dynamic CT, with 1- to 2-cm overlap. 3. Body-surface marker on a precordia body surface. 4. Choice of an inspiratory peak phase and an expiratory peak phase of manually scanned dynamic data. 5. After coinciding the phase of two or more volumes, we connected them together and deleted the overlapped cross section for each phase data set.
[Results] We were able to create whole-lung dynamic respiratory data which combined two or more volumes. The upper and lower portion of the connected cross section moved synchronously.
[Conclusion] We can perform dynamic volume measurement of the whole lung, right lung, left lung, each lobe, and each segment, and acquire respiratory kinetics that were not obtained by the respiratory-function test thus far.

2018年1月13日土曜日

The morphological changes of bronchovascular bundles within subsolid nodules

The morphological changes of bronchovascular bundles within subsolid nodules on HRCT correlate with the new IASLC classification of adenocarcinoma
L Liu, N Wu, W Tang, F Xu, L Zhou, P Ma, L Li, X Liang - Clinical Radiology, 2018

HRCT における subsolid 結節内の気管支血管束の形態上の変化は腺がんの新しい IASLC 分類と関連する
目的:高解像度CTで subsolid 結節内の気管支血管束の形態上の変化と新しい腺がん分類との相関を解析すること。
材料と方法:216結節を朔及的に検討。 組織病理学とCTの相互関係を評価。
結果:9つの非癌性の傷害を除いて、
34の前癌病変(PIL):15の腺腫様過形成(AAH)と19の上皮内腺がん(AIS)、
21の微少浸潤腺がん(MIA)、
152の進行腺がん(IAC)を分析した。
病理組織学的に3つのタイプにグループ化: I型(鱗状パターン80%、n - 47)、 II型(鱗状パターン50%< 80%、n - 67)と III型(鱗状パターン < 50%、n - 38)。
結節の輪郭と血管と気管支 / 細気管支の形態上の変化は PIL 、MIAと IAC と関連した。 IAC で、HRCT の血管の異常は非鱗状成分の割合(I型の23.40%、 II型の58.21%と III型の76.32%)と関連した。気管支 / 細気管支異常は I型(6.38%)と比較して II型 / III 型(20.95%)で高かった。
結論: HRCT における subsolid 結節内の血管と気管支 / 細気管支の形態上の変化は PIL とMIAから IAC を区別するために有用である。そして非鱗状の腺がんに多く認める。