2017年4月28日金曜日

統計リテラシーって何?

統計学が最強の学問である 単行本(ソフトカバー) 2013/1/24
西内 啓 (著) 単行本(ソフトカバー): 320ページ 出版社: ダイヤモンド社 (2013/1/24)

会社を変える分析の力 (講談社現代新書) 新書 2013/7/18 
河本 薫 (著) 新書: 240ページ 出版社: 講談社 (2013/7/18)





統計学のパワーと限界を明確に述べている。
すべてを対象に調査するか、無作為化抽出するか?
「ビッグデータ」と代表値、傾向と相関などをわかりやすく教えてくれる。
統計学は大学で習ったが、難しい表や数式と、電卓も普及していなかった時代に、とても計算がたいへんだったという記憶しかない。当時、このような解説書があれば統計学の概要といった知識を容易に得ることができたのではないかと思う。
高い分析ソフトや分析の得意な人間がいても、「何がほしいのかという視点」と「当事者感覚」がなければ、「分析のための分析」にしかならない。
統計学は、少ない出費で最善策を探すツールとも言えると思う。

2017年4月24日月曜日

統計ソフト遍歴

JMP活用 統計学とっておき勉強法―革新的統計ソフトと手計算で学ぶ統計入門 (ブルーバックス CD-ROM)  新書 2004/2/19 新村 秀一 (著)

初心者でもすぐにできるフリー統計ソフトEZR(Easy R)で誰でも簡単統計解析 単行本  2015/1
神田 善伸 (著) 単行本: 206ページ 出版社: 南江堂 (2015/01)

なるほど統計学とおどろきExcel統計処理 改訂第6版 単行本  2008/4/30
山崎信也 (著) 単行本: 151ページ 出版社: 医学図書出版; 改訂第6版 (2008/4/30)

Excel上でカットアンドペーストしているだけで、計算できるystatをながらく使っていました。きれいなグラフが作成できるの重宝していました。
統計ソフトの使い方は、

1.解決しようとしている事例と同じような論文を探す
2.論文内で用いられている統計処理を確認する
3.同じ統計処理を試してみる
4.グラフ作成

という流れになりますが、最終の出力形態が簡便に得られることが重要です。
ystatでは手法に限りがありましたので、不足分をEZRで補うことがありました。JMPは以前購入したまま使わずにいましたが、先日、交差相関係数に用いるために評価版を使用したところ、その簡便さに驚愕しました。Excelでデータセットを作っておけば、あとはJMPでデータの評価を行い、適切な解析法を選ぶという流れで瞬時に解析が終わります。
統計解析は、計算ではなく選択であると実感させられます。
RSNA2017登録用のデータ解析のため、ROC解析を行った際にも瞬時に終了できました。

2017年4月22日土曜日

日本医療研究開発機構(AMED) JECS Study 開始しました

日本医療研究開発機構(AMED) 革新的がん医療実用化研究開発事業 「低線量CTによる肺がん検診の実用化を目指した無作為化比較試験及び大規模コホート研究」班(佐川班) 肺がんCT検診の比較試験:JECS Study を開始しました。

おかげさまで、共済会のご支援により、先週月曜日から大原医療センターにて開始しました。本日まで、6名実施しました。予約の方法や、実施当日の流れもスムーズに行えております。

状況を見ながら随時勧誘を続けていきたいと思います。

2017年4月18日火曜日

Hey! Siri

Hey! Siri お前はたいしたものだなあ?
(すこし間をおいて) ええ、そうかも知れませんねえ・・・
 仕事ではAmiVoiceを使用。Google検索では音声入力を多用しているが、それらしく会話が成り立つ音声認識機能が日常生活に入りこんでいることにおどろきである。

 iphone6のデータ端末としての2年縛りの契約が終了したので、先日解約しました。終了後のiphone6を格安simでデータ端末として継続使用するつもりでいましたが、現在使っているFomaガラケーの使用料より安くスマホが持てるとのことで、ガラケーから、「はじめてスマホ・シニア割」に変更しました。普段持ち歩く端末なので、ケータイに大きさが近いiphoneSEを改めて契約。旧iphone6からデータ移行して再起動する際にSiriを有効に設定したところ、冒頭のようなSiriとの会話となった次第です。
 あまりの反応の自然さに感服しました。

2017年4月15日土曜日

伊丹十三 異能の人

 男優 原田芳雄の逝去からずいぶん経ってしまった。強烈な印象が残っているのが「祭りの準備」である。あの、地元土佐のチンピラのキャラクターが、地のままなのか演技なのか解らないほどの混然とした雰囲気が、凄いの一言に尽きる。「竜馬暗殺」でも、ギラギラした狂犬のような目つきで、無為に時間が経過してゆくフラフラ感がよかった。そういえば「天皇の世紀」というTVドラマの中で、勤王の志士の一人を演じ、黒船まで小舟を漕いで行くシーンを実際にやってみようという撮影現場シーンがあって、インパクトがあったことを思いだした。実際に演じてみたときの役者の生の声を伝えるという、ドラマとドキュメンタリーの混在したスタイルが斬新であり、記憶に残っていたのだ。

 あの頃の「天皇の世紀」を見る手立てがあるかとネットで検索していたら、youtubeで、ほぼ全作品を見ることができた。原田芳雄は吉田松陰、田村正和が橋本佐内を演じており、彼らを「野火」と称する大佛次郎の視線は勤王の志士に対して一貫して暖かい。

 ドラマ版の中で、伊丹十三が岩倉具視を演じており、異様な存在感を残している。後半のドキュメンタリー版では伊丹氏はキャスターを務めており、filmmakerとしての意気込みが感じられる。仙台に上陸する世良修蔵のくだりはドラマとドキュメンタリーとの衝突ともいうべき名シーンではないかと思う。戊辰戦争が過去の歴史ではないと実感させられる。

 その後、伊丹氏が気になって、氏のエッセイ集を一気読みした。面白い。どうでもいいようなことを詳細に記述し、最後に腑に落とさせる構成は巧みである。

2017年4月13日木曜日

新病院見学してまいりました!

4月8日、業務終了後に画像センターチーム数名で建築中の大原綜合病院 新病院の見学にお邪魔しました。
屋上のヘリポートから案内していただきました。幸い、好天に恵まれ、福島盆地全体がよく見渡せました。花見山も、いま真っ盛りです。県庁裏の花火大会の際は、ド迫力でしょうね。
画像診断センターは1階の東側に位置しています。新CT 新MRなど一気に現実感がわいてきます。実物を体感しつつ、現場の机のサイズなど細部のモノ選びを進めたいと思います。

2017年4月10日月曜日

RSNA2017  Abstracts Online Submission

今年もRSNA登録の時期になりました。
例年通り、ギリギリになってバタバタしております。
今年は、村松くんや箱崎先生の登録もあり、にぎやかです。