2018年2月18日日曜日

Diagnostic Accuracy of Three-dimensional Turbo Field Echo Magnetic Resonance Imaging Sequence in Pediatric Tracheobronchial Anomalies with Congenital Heart Disease

QiaoRu Hou, Wei Gao, YuMin Zhong, AiMin Sun, Qian Wang, LiWei Hu & JingLei Wang
Diagnostic Accuracy  of Three-dimensional Turbo  Field Echo Magnetic Resonance Imaging Sequence in Pediatric Tracheobronchial Anomalies with Congenital Heart Disease
SCientifiC REPORTS  (2018) 8:2529 DOI:10.1038/s41598-018-20892-2


気管気管支異常は先天性心疾患(CHD)において合併して認められる(気道気管支狭窄、気管気管支、心臓気管支など、気管支異常を伴う様々な程度の呼吸器疾患を引き起こす可能性がある)。したがって、気管気管支異常を評価し、術前気道評価を行う必要がある。MSCTおよびMRIは、CHDおよび関連する気管気管支異常の診断のための最も有効な非侵襲的モダリティである。しかし、MSCTは低用量プロトコールを使用していても、被曝を有する手法である。この研究の目的は、術前気道評価のための3D-TFE磁気共鳴イメージングシーケンスを用いてCHD患者の気管気管支異常の診断精度を評価することであった。結果は、3D-TFEが3D-bTFEに比べて優れた画質を提供し、CHDにおける気管気管支樹および気管気管支異常を明確に証明できることを示した。本研究では気管気管支異常の診断における3D-TFEの臨床的価値を確認し、術前戦略と術後追跡に役立つ気管気管支情報を提供する。
気道の形態診断については圧倒的にCTが有利であるが、小児被曝の観点からMRIの進歩が望まれる。MRIでは気道周囲の構造が明瞭に描出できる利点がある。MRI撮像に要する時間と鎮静の必要性などが課題であろう。

2018年2月16日金曜日

モネゲーム

裏切りのサーカスに続けて見ましたので、スパイスリラーやフィルムノワール・ピカレスクものと勝手に想像していましたが、コーエン兄弟の犯罪コメディでした。泥棒貴族のリメイク。雰囲気としてはレディキラーに近いかも。

2018年2月13日火曜日

An unusual case of lung abscess secondary to round pneumonia caused by recurrent Klebsiella pneumoniae strain and the role of occult metastases tumor

Shuchang An, Xiangli Li, Shenhai Wei, Chaofeng Luo, Rong Cui
An unusual case of lung abscess secondary to round pneumonia caused by recurrent Klebsiella pneumoniae strain and the role of occult metastases tumor

Respiratory Medicine Case Reports 2018 Volume 23, Pages 107–109

肺転移を伴った再発性の肺炎桿菌感染に起因する肺膿瘍を合併した77歳の男性1例の報告。円形肺炎は、通常は小児に見られる市中肺炎の珍しい形である。 成人患者のこのタイプの局所肺合併症に関する報告はない。潜在性転移が空洞形成に重要な役割を果たした可能性がある。 再発感染と転移との関係に関するさらなる調査が必要である。


疑問点 
1)この画像を円形肺炎としてよいのかという定義があいまい。
2)この肺病変の中に転移が存在していたとする証拠がない。
潜在性転移(あるいは癌)による気道のドレナージ障害により閉鎖領域における緊満形状の肺炎が反復して起こりうる という点は理解できる。

Round pneumonia
Round pneumonia is a type of pneumonia usually only seen in paediatric patients. They are well defined, rounded opacities that represent regions of infected consolidation.
1.Epidemiology
The mean age of patients with round pneumonia is 5 years and 90% of patients who present with round pneumonia are younger than twelve 5. Rounded pneumonia is uncommon after the age of eight because collateral airways tend to be well developed by this age.
2.Clinical presentation
Presentation is with symptoms of chest infection and therefore, with symptoms such as fever, sweats and cough. Most of the children who present to Emergency with chest complaints have these symptoms, so they are unhelpful in modification of pre-test probability. However, history of these symptoms is really helpful when excluding other differentials.
3.Pathology
The proposed theory about why children develop round pneumonia and adults do not relates to the development of inter-alveolar communication and collateral airways. These are called pores of Kohn and canals of Lambert and when they develop, they allow air-drift between the parenchymal subsegments. In adults, these allow lateral dissemination of infection throughout a lobe, leading to lobar pneumonia. In children, where these have not developed, the limited spread of infection results in round pneumonia.
The infective agent in round pneumonia is bacterial. There is no specific bacterium that causes round pneumonia, but since Streptococcus pneumoniae is the most common cause of chest infection, it is little surprise that it is the leading cause of round pneumonia.
(Radiopedia:Dr Pir Abdul Ahad Aziz and Dr Yuranga Weerakkody  et al.)

2018年2月12日月曜日

はみだす力 と 面白い本

はみだす力  スプツニ子! (著) 2013/11/18 宝島社
MIT(マサチューセッツ工科大学)の助教。「スーパープレゼンテーション」(NHK Eテレ)の進行役を務めるスプツニ子さんの過去の著作。数学者+現代美術家 という一見異質な能力の融合(あるいは化学反応)が今までにないニッチな領域のアートに結実した経歴が語られています。
他人と違ったアプローチをする・・・。当時、希少だった「コンピュータプログラマ」の卓越した能力で科学とアートが違和感なくつながっているようです。実際の作品を見てみたいと思いましたが、youtubeで見れるミュージックビデオがその一部なのでしょうか?
誰にでもまね出来る所業ではなさそうです。シンデレラストーリー。

面白い本 (岩波新書) 新書  成毛 眞 (著)  2013/1/23 岩波書店
アスキー,マイクロソフト代表取締役社長の経歴を有する著者の読書案内。科学書やドキュメンタリーを中心としたパワフルな乱読。こんな本まで・・・と思うような(なんと医学書まで)貪欲さに呆然とさせられます。氏の解説はとても面白く、ついオリジナルを手に取ってみたい衝動に駆られます。危険な誘惑を孕んだ解説本。

2018年2月11日日曜日

Cavitary lung lesion suspicious for malignancy reveals Mycobacterium xenopi

悪性腫瘍の疑いのある空洞病変。マイコバクテリウムゼノピであった。
Cavitary lung lesion suspicious for malignancy reveals Mycobacterium xenopi
S Fogla, VM Pansare, LG Camero, U Syeda, N Patil  Respiratory Medicine Case  Report 2018 Volume 23, Pages 83–85

  
A. Chest X-ray showing a rounded mass in right upper lobe B. Chest CT scan showing a loculated mass with thickened border and central cavitary zones.

2018年2月5日月曜日

第16回 CTテクノロジーフォーラム

2017年12月16日 福島市のサテライト会場 杉妻会館で聴講しました。
特に、宮下さんの「空間分解能」のレクチャーが奥が深く、印象深かった。このようなCTのハードの技術的な究めが装置の特性を本当に理解したことになるのだと思います。

2018年2月4日日曜日

福島県生活習慣病検診等管理指導協議会 肺癌部会

福島県生活習慣病検診等管理指導協議会 肺癌部会
日時 2018/01/25 (木) 15:00 ~ 17:00
読影体制の広域化・ネットワークの利活用・タバコ対策・県で把握しているデータのfeedbackなどについて要望を掲げました。

2018年2月2日金曜日

肺癌診療の原点

病院の引っ越しのための荷物の整理をしていたところ、故 坪井栄孝先生の「坪井式末梢病巣擦過法」のセットが出てきました。昭和56年に医師になり、坪井病院で肺野末梢の細胞診を教わりました。肺野末梢の目的部位まで到達させるための道具です。私の肺癌診療の原点となった道具です。懐かしい・・・。
当時から、X線写真で見つかる肺癌は大きすぎる。もっと小さながんを見つける努力をしろ。と言っておられました。小型肺がんの検出をおまえのライフテーマとせよと言われ、まさにその道の昇り口を今でもウロチョロしています。

日本医師会長・世界医師会長をおやめになったころ、恐る恐る研究会の特別講演をお願いしたことがありました。平成16年 第30回肺がん診断会です。その時のチラシもでてきました。懐かしい・・・。
小泉政権に負けた・・・。しかし、どちらが正しかったかを決めるのは、将来のわが国の国民だ。といった内容のお話でした。準備した時間が少なく、チラシのタイトルである「先端医療技術と医の倫理」の話にまでは到達しえませんでした。講演前も、講演後も、多くのお弟子さんたちが群がって、嬉しそうでした。懐かしい思い出です。